マイルドロード

2015年5月生まれの3歳の女の子の育児中。お金をかけない育児を目指します。

アニメ「ミッフィーのぼうけん」は英語と日本語で見ています

3歳になった頃からEテレのミニアニメ「ミッフィーのぼうけん」を英語と日本語で見ています。
www6.nhk.or.jp

ミッフィーのぼうけん」はEテレで日曜日の午後5時25分から放送されている5分間のアニメです。
わが家では、これを録画して、日本語で見たあと、続けて英語で見ています。

他の英語のアニメはオールイングリッシュで見せているのですが、「ミッフィーのぼうけん」だけは日本語と英語両方で見せています。
英語が話せない私には、「ミッフィーのぼうけん」は話すのが早くて聞き取るのが難しかったので、大人向けの英語習得法になるのかもしれませんが、まず日本語でストーリーを理解してから英語で見ることにしました。

娘はバイリンガルのお姉さんのKIKOが大好きなので、
「KIKOは英語も日本語も話せるんだね。かっこいいね!お母さんもKIKOみたいに英語も日本語も話せるようになりたいなぁ」
と私も英語を勉強したいという意志と、英語も日本語も話せるとかっこいいということを日頃から伝えています。

ミッフィーのぼうけん」をはじめて見せる時に、「ミッフィーちゃんって日本語も英語も話せるんだよ。かっこいいねー」と言ってアニメを見せたあと、「次は英語で話してもらおうか」と言って英語で見せていました。
今では、日本語で見終わったあと、娘から「つぎ英語」と言って英語で見たがります。

オールイングリッシュで見るのと日本語と英語の両方で見るのは、どちらにもいいところがあると思うので、両方取り入れようと思います。
ミッフィーのぼうけん」は5分間と短く、日本語と英語の両方で見るのにちょうどいいので、続けていきたいと思います。

教育費を貯めるために投資は使いません

今は投資ブームで、私もインデックス型投資信託で積立投資をしています。
しかし、私は教育費を投資で貯めることはしません。

教育費が必要なのは子どもが大学生の時と、時期が決まっています。
しかし、株価というものは上がったり、下がったりと波があります。

教育資金なので堅実に年利3%を目指す長期投資を始めようと思ったとしても、投資信託などの場合、「平均利回り」なので、良いときもあれば悪いときもあります。
子どもの大学入学時に株価が下がっていると、その時点で投資信託などを現金化するとマイナスになってしまう可能性もあります。
大学入学直前にリーマンショックのような大暴落が起きてしまうと・・・考えるだけで恐ろしいです。
老後資金などの場合は、大暴落が起きたとしても、また株価が回復するまで待つことはできますが、大学資金はその時に必要なので待つことはできません。
老後資金を貯めるのに投資をするのはいいと思いますが、教育費など使う時期が決まっているものに関しては、預金、学資保険、国債など元本割れしない商品で貯めた方がいいと思います。

ちなみに、私が投資で参考にしているのは山崎元さんです。
コラムや書籍を拝見し、参考にしていて、最悪1/3に減ってもいい金額を国内と海外のインデックスファンドに投資しています。

<初心者向けの書籍>

山崎元さんのコラム>
山崎元「ホンネの投資教室」

Oxford Reading Treeの英語絵本を読み始めました

イギリスの小学校の教科書としても使われているというOxford Reading Treeの絵本の読み聞かせをはじめました。
Oxford Reading Tree: Level 1+: More First Sentences A: Go Away Cat


英語の絵本は、ORTOxford Reading Tree)とCTP(Creative Teaching Press)で悩んだのですが、キャラクターがずっと同じで、ペットに犬がいて、全部の話がハッピーエンドということ、ORTを選びました。
娘は動物が好きで、少しこわがりなので。

Stage1、Stage1+、Stage2、Stage3、Stage4、Stage5、Stage6、Stage7、Stage8、Stage9と10段階にレベル分けされていますが、3歳の娘はStage1+の絵本からはじめました。
図書館では、Stage1+のFirst Sentencesがすべて貸出済みだったので、Stage1+のMoreFirst Sentences Aを借りました。
www.oupjapan.co.jp

公式ページのレベルチャートによると、Stage1+は8~12ページ、Stage1+のMoreFirst Sentences Aは224wordsと書いてありました。
Stage1+のMoreFirst Sentences Aは1冊8ページで、1冊の絵本で同じようなフレーズを4回繰り返してる簡単な絵本です。
英語ができない私でも読んであげられるので、初めての英語絵本を読み聞かせるにはちょうどいいレベルでした。

そして、娘がとても気に入ったようです。
はじめに「Go Away, Cat」を借りましたが、気に入ったようなので、すぐにStage1+のMoreFirst Sentences Aの6冊をすべて揃えました。
6冊すべてを続けて読んだり、6冊の絵本を床に並べて「どれにする?」と楽しそうに選んでいます。
「Go Away, Cat」を読み始めて10日くらい経つと、1人で「Go Away, Cat」を読むようになりました。
読むと言っても、まだ字は読めないので、絵本をめくりながら覚えた文章を言っているだけですが、大きな進歩です。

他の絵本も読もうとしますが、まだ文書を覚えていないので、メチャクチャな英語で読んでいます。
でも、次は「Go On, Mum!」の「said Chip」の部分を気に入り、「said 〇〇」と言って遊びだしています。
「みーちゃん、英語話せるよ」と英語に興味を持ってくれているので、これからに期待です(笑)

「ディズニーの英語システム」わくわく英語体験でショックを受けてから、この1カ月は毎日英語の歌を流しています。
私は英語が話せないので、英語の発音は歌やDVDにおまかせします。
親子で英語に触れる機会を増やすためにも、ジャパニーズイングリッシュですが、英語絵本の読み聞かせも続けていこうと思います。

Oxford Reading Tree: Level 1+: More First Sentences A: Go Away Cat

Oxford Reading Tree: Level 1+: More First Sentences A: Go Away Cat

Oxford Reading Tree: Level 1+: More First Sentences A: Go on Mum

Oxford Reading Tree: Level 1+: More First Sentences A: Go on Mum

Oxford Reading Tree: Level 1+: More First Sentences A: What Dogs Like

Oxford Reading Tree: Level 1+: More First Sentences A: What Dogs Like

Oxford Reading Tree: Level 1+: More First Sentences A: Presents for Dad

Oxford Reading Tree: Level 1+: More First Sentences A: Presents for Dad

Oxford Reading Tree: Level 1+: More First Sentences A: Top Dog

Oxford Reading Tree: Level 1+: More First Sentences A: Top Dog

Oxford Reading Tree: Level 1+: More First Sentences A: Look After Me

Oxford Reading Tree: Level 1+: More First Sentences A: Look After Me

3歳3カ月で英語を聞き取る力が弱まってしまっているようです

「ディズニーの英語システム」わくわく英語体験で自宅にアドバイザーに来てもらいました。
world-family.co.jp

アドバイザーさんが何のカードか見せずに「duck」と音声だけ流して、なんと言っているか当てるクイズで、娘は「dog」と聞こえてしまいました。
私も「dog」と聞こえてしまったのですが、日本人の大人はそう聞き間違えるみたいです。
3歳3か月の娘は日本人の大人の耳になってきてしまっていると言われました。

娘は英語のテレビ番組やDVDを見ているので、英語に興味があり、最近は「Ride a Railrolad」と「The Wheels on the Bus」の歌を気に入って歌っています。
一昨年までNHKであっていた「えいごであそぼ」が大好きだったのですが、その番組に出ていたバイリンガルのお姉さんKIKOみたいに英語も日本語も話せるようになりたいみたいです。
英語のテレビ番組やDVDを見ているので、娘は英語に興味があり、最近は「〇〇って英語でなんて言うの?」と聞いてくることもあります。
しかし、DWE(ディズニーの英語システム)は母国語方式で、母国語を身につけるプロセスで英語を身につける方法で、アドバイザーさんに「決して訳してはいけない」と言われました。
娘が歌詞を聞き間違えることがあるので、その対策法を聞いてみると、訂正するのではなく、その曲を何度も聞かせるようアドバイスしてもらいました。
DWEの絵本にはマークがついていて、そのマークで対応するDVDがわかるので、絵本を読んでいてつまずいたときは「お母さんもわからないなぁ。確かめてみよう」と言ってDVDを一緒に見ると良いそうです。
「お母さんもわからないなぁ」は魔法の言葉だそうです。

黄金期は3歳までですが、8歳~9歳までに英語を習得できれば、英語をずっと覚えていられるそうです。
娘はもう3歳ですが、母国語方式のDWEでもまだ間に合うかもしれないと言われました。
子どもは習得も早いけど、忘れるのも早いからずっと英語に触れさせ続けるにはどうしたらいいか相談すると、アドバイザーさんの家では、継続して英語に触れるために、毎朝息子さんにDWEのDVDを1枚選んで見る習慣をつけさせているそうです。

子どもがイヤイヤ期に入る前は、親が見せたいものを見てくれていましたが、今は私がDVDを見ようと提案しても、娘は違うDVDを見たいと言うことが多く、DWEのDVDを見続けてくれるのかどうかが心配なところです。
ちなみに、0~1歳の時は毎日のように英語のCDを流しており、1歳を過ぎてテレビを解禁してからは、毎日英語のテレビ番組やDVDも見せていましたが、自我が芽生えてからは英語に触れる機会が毎日ではなくなってしまっています。

娘はかわいいものが大好きで、ミッキーやミニーも好きではありますが、ディズニー好きというほどでもなく、DVDの映像はDWEのものよりワールドワイドキッズの方が好きなようです。

そして、DWEは噂通り高額で、教材は組み合わせによって約15万~88万円、ワールドファミリークラブの月会費やイベント参加費などもかかるので、その効果を発揮させたいとなると、かなりの投資が必要なようです。
英語で英語を理解できるようになるのが理想ではありますが、できれば、教材に縛られずに英語を身に付けてもらいたいと思っています。
私も娘と一緒に英語を話せるようになりたいと思っているのですが、私が英語が話せないのがネックです・・・。
英語の耳をつくるためにも、まずは、時間を決めて毎日英語に触れる習慣をつけるところから始めようと思います。

<参考>
子供・幼児英語教材「ディズニーの英語システム」|DWE(Disney's World of English)
幼児・赤ちゃんの英語教材 | ベネッセのWorldwide Kids(ワールドワイドキッズ)

3歳の日本地図パズル入門は「New日本列島ジグソー」がおすすめ

3歳用のはじめての日本地図パズルは「New日本列島ジグソー」がおすすめです。
New日本列島ジグソー (社会科常識)

娘が3歳3カ月で、くもんの日本地図パズルの立体のピースも上手にはめられるようになりました。
立体のピースがうまくはめられないときは途中で飽きてやめてしまっていましたが、今ではくもんの日本地図パズルも集中して遊んでいます。
おもちゃや遊びが子どもに合わないのではなく、子どもの成長のタイミングに合っていなかっただけのこともあるので、再度チャレンジすることは大事だと感じました。
ほんの2ヶ月の間の出来事なんですけどね。

立体パズルは紙のパズルより少しピースがはめにくいので、指先を使うには立体パズルの方が良さそうです。
でも、日本の地理に興味を持ってほしいのなら、「New日本列島ジグソー」がおすすめです。
くもんの日本地図パズルに興味を持たせる入口としても「New日本列島ジグソー」は役立つと思います。

「New日本列島ジグソー」のいいところは、日本地図のまわりに都道府県ごとの名所や名産品等の絵が描いてあることです。
ピースの色と、名所や名産品などの背景色が一緒なのも見つけやすいポイントだと思います。
他にも紙のパズルはありますが、私はピースの色合いや描いてある名所や名産品等などから「New日本列島ジグソー」を選びました。

パズルを始めた頃は、私も隣に一緒に座って都道府県について話しながら一緒にパズルを楽しんでいました。
3歳3か月の今では、私が隣に座っていなくても1人で日本地図パズルを楽しんでいます。
なまはげってどうして怒りにくるの?」と秋田県なまはげの話をしたり、「ほら、見て、犬みたい」とピースを私に見せ、都道府県の形が何の形に似ているか教えてくれたりします。

娘にくもんの日本地図パズルと「New日本列島ジグソー」のどちらが好きか聞いたら、「New日本列島ジグソー」の方が好きだと言いました。
理由を聞くと、「絵が描いてあるから」だそうです。
3歳くらいの子どもは、絵やカラフルなものが好きなので、パズルを楽しむならやっぱり「New日本列島ジグソー」がいいと思います。
「New日本列島ジグソー」で日本地図に親しんでいたから、くもんの日本地図パズルも楽しめているのではないかと思います。
立体のピースをはめることも楽しいと思うので、まずは「New日本列島ジグソー」で日本地図に親しんでから、立体パズルであるくもんの日本地図パズルにステップアップするといいかと思います。

私が旅行好きなので、最近テレビで旅番組を一緒に見るようになりました。
「にじいろジーン」という番組の「ジーンちゃんが世界のごちそう いただきます♪」というコーナーは、ジーンちゃんがかわいくて娘がとても気に入っています。
「動くジーンちゃん見たい」と楽しみにしています。
にじいろジーン | 関西テレビ放送 カンテレ


世界地図を見るのも好きなので、そろそろは世界地図パズルにも挑戦させたいと思っていますが、こちらはまだパズルの選定ができていません。
遊びで子どもの興味を伸ばしてあげたいと思います。


<関連記事>
日本地図パズルで日本の地理に触れる - マイルドロード
2歳~3歳には紙の日本地図パズルがおすすめ - マイルドロード

3歳を過ぎたら勇気づけをしよう!〜アドラー式子育て

「マンガでやさしくわかるアドラー式子育て」を読みました。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えを読んだ時は衝撃を受けましたが、このアドラーの心理学を子育てに使いたいと思い、こちらの本を読みました。

マンガでやさしくわかるアドラー式子育て

マンガで読みやすく、どのように育児に取り入れたらいいか、とてもわかりやすかったです。

3歳を過ぎたら勇気づけをしよう!

ちょっと娘が3歳になったので、読むタイミングもちょうどよかったです。

 

勇気づけの言葉かけポイント
  1. 貢献や協力に注目する
  2. 過程や姿勢を重視する
  3. すでに達成できていることに注目する
  4. 失敗も受け入れる
  5. 他の子と比べるのではなく、個人の成長を重視する

立派なママよりも「幸せなママ」になろう

私も「不完全な自分を受け入れる勇気」を持って、子どもと一緒に成長しようと思います。

 

今はトイレトレーニングに苦戦しているので、アドラーの勇気づけを取り入れて声かけをしていきたいと思います。

 

手元に置いて時々読み返したいと思えた本です。

とても読みやすいので、忙しいママさんにもおすすめです。

マンガでやさしくわかるアドラー式子育て

マンガでやさしくわかるアドラー式子育て

 

 

 

3歳児にガチャを諦めさせる方法~好きなものを基準にする

ショッピングモールで娘が300円のガチャをしたいと言いました。
私は娘にガチャにはハマって欲しくないと思っているので、諦めてもらいたいと言った言葉が、娘にぴったりハマったみたいです。
「これをするにはカットフルーツ3個分のお金がいるんだ。カットフルーツ3回我慢できる?」
娘は一瞬考えて、ガチャの前かた立ち去るという選択をしました。

毎週1回、娘とスーパーに行ったときは、娘に好きなカットフルーツを1つだけ買ってあげています。
カットフルーツは季節によって果物が変わり、「スイカのみ」と1種類のみのものや複数のフルーツの組み合わせのものがあります。
フルーツの組み合わせもメロンメインのものは「メロン、キウイ、アメリカンチェリー、サクランボ」や「メロン、オレンジ、アメリカンチェリー」など複数の組み合わせがあり、毎回選ぶのを楽しみにしています。
そのカットフルーツの値段が税抜100円。

ガチャを諦めてくれてい以降、何かをねだられたときには、カットフルーツ何個分と説明すると、大抵諦めてくれます。
大事なもの、大好きな物にお金を使って、無駄なものにはお金を使わない習慣をつけて欲しいと思います。
これからも娘の大好きな物を基準に、モノの価値を考えてもたいたいと思います。